【Z会】年少コースから年中コースへコース変更(先取り)しました。

4月からZ会の年少コースを受講していましたが、少し物足りなく感じてきたので、思い切って年度の途中で年中コースに切り替えてみました!

年中コースへの切り替え方や、年少さんでも年中コースを受講して大丈夫なのか、についてご紹介させていただきたいと思います。

これから年少コース・年中コースのどちらへ申し込もうか検討されている方にも、参考になれば幸いです。

目次

Z会年中コースの難易度は?年少さんでも受講できる?

年少コースと年中コースの違い

年少コース年中コース
料金(毎月払い)2,200円2,640円
料金(年払い)22,440円(1,870円/月)26,928円(2,244円/月)
ワークのページ数(ひと月)24回分46回
提出課題(毎月)なしあり
料金やページ数などは2020年度のものです

料金は1月あたり400円くらい年中コースの方が高くなっていますが、年中コースは毎月のワーク「かんがえるちからワーク」のページ数が倍くらいあります。

年少コースを物足りなく感じたのは、毎月24回分(24ページ分)が1,2日くらいで終わってしまうからです。

年中コースに変えてページ数が増えたので、あっという間に終わってしまう感じがなくなり満足しています。

難易度は、年少コースよりやや難しくなっている印象です。

ひらがなや数字を書くことに興味を持ち始めている子なら問題ないと思います。年中コースは、ひらがなのなぞり書きや、自分で書くページが増えています。

提出課題

また、年中コースは、毎月提出課題があります。とは言っても、ひらがなやすうじを書かせるテストのようなものではなく、問題に対して親子で会話をして、それを絵に描いて提出するような課題です。

例えば、「おおきいもの」って何があるかな?という問いに対し、親子でどんなものがあるかを話し合います。そしてその会話の中で出てきた「おおきいもの」の絵を子どもが描くような感じです。

年中コースのバックナンバー

年度の途中で急に年中コースに切り替えて大丈夫かな?と心配だったので、切り替える月までの年中コースのバックナンバーを取り寄せて、切り替える月までに取り組みました。

量が多く大変でしたが、ひらがなの練習なども少しずつできてよかったです。

バックナンバーは、添削課題がないので一月分1,320円でした。お得!

年少コースに物足りなさを感じていたら、年中コースに切り替えるのもありだと思います。まずは、年中コースの体験をお試ししてみてはいかがでしょうか?

Z会年中コースへの切り替え方

さいごに、年中コースへの切り替え方ですが、Z会の「お客様センター」へ電話一本で切り替えることができました。

いつから変更になるかや料金についてなど丁寧に教えていただけたので助かりました。

その際に年中コースのバックナンバーも申し込むことができますよ。必要な方はお忘れなく!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる