3歳児と何して遊ぼう?STAY HOME, SAVE LIVES

新型コロナウイルスの影響で、息子の通う保育園も登園自粛要請が出ました。

久しぶりに息子とべったり過ごす日々。

さて、毎日何をして過ごしましょう?

みんなの過ごし方も参考にしつつ、我が家での過ごし方をご紹介したいと思います。

目次

とある平日の過ごし方

7:30 起床

久しぶりに寝顔を撮りました。

7:45 朝ごはん&Eテレ

保育園に通うようになってからEテレをゆっくりと見ることもなくなったので、久しぶりのEテレタイム。からだダンダンを踊り、今日もワンワン見れる〜と嬉しそう。

その間に、洗濯物を干します!

8:45 英語&ワーク

Eテレを一通り見終わったら、ゆるーくやっている英語をしたり、通信教育のワークに取り組みます。

3歳から始められる通信教育について書きました。興味のある方は、こちらをどうぞ。

10:00 お散歩

お天気が良かったので、近所をお散歩。賞味期限ギリギリの食パンを持って、鯉にエサをあげにいきます。

息子がお花を見るスタイルが独特。謎の王子様座り。

11:15 一緒に昼食づくり

鯉にエサをあげたあとは、自分と息子のエサ作りです。お昼はちゃちゃっと、手軽に、お手伝いをしてもらいながら作ります。

11:30 昼食

ドラマを一緒に見ながら、昼食を食べます。ぼく、ドラマ好きやわ〜という3歳男子です。ハグしているシーンが映ると、ハグしてくれます。

12:30 フリータイム

ちょっと疲れた!休憩させて〜、というわけで、自由におもちゃで遊んだりする時間です。トトロが見たい!と言われれば、トトロを見せたりする時間でもあります。お昼寝をする日もあります。

最近は、このおもちゃでよく遊んでいます。

14:00 工作

今日は、プラバンとぬりえ。プラバンめっちゃ懐かしい。ぬりえも、一緒になって本気でやればめちゃくちゃ楽しめます。100均バンザイ。他にも我が家でしている3歳児と一緒にできる遊びや工作は後ほどご紹介します。

トースターに入れる前
完成!マイク細っ
16:00 ダンスタイム

テレビでYou Tubeをつけて、ダンスタイム♪子どもが好きな『U.S.A』や『パプリカ』をかけて、レッツダンス!踊って体を動かして早く寝てくれ〜〜!!

テレビでのYou TubeはFire TV Stickを使用しています。

16:30 しゃぼん玉タイム

子どもにしゃぼん玉持たせたら、何時間でも過ごせそう。誤飲にはお気をつけて。

17:30 フリータイム

この間にサクッと夕食を作ります。

18:00 夕食
19:00 フリータイム
20:00 就寝

頼む、寝てくれ!もうクタクタじゃ!

と、こんな感じですがこの日は、結構頑張ったほうです。そして、この日は一日中息子の写真を撮ることを裏テーマに動いてみました。

3歳児とできる遊び・工作

ねんど

ねんどでお弁当を簡単に作れるセットなんかが売っていていいですね。保育園が登園自粛になってすぐに、このセットをamazonで購入しましたが、配達までに1週間以上かかりました。

ステイホーム動画

息子が「ステイホーム!」「新型コロナにならんようにしてください」と言っている(言わせている?笑)動画を撮影し、両親や義両親に送りつけます。

私がいくら気をつけて!というよりも、孫に言われる方が効果あるかな?と。実際、送信後すぐに私の父からテレビ電話がかかってきました。ちゃんと、おうちにおるよ〜と。

ひらがなをおぼえる

最近ひらがなに興味を持ち始めたようなので、この機会にひらがなを覚えてもいいかなーと思っています。

で、息子の場合いくら「さかなのさ!」と言ってたところで「さ」は入ってこないのですが、「さつきちゃんのさ」と、お友達の名前+ひらがなにすると入ってきやすいみたいです。

なので、お友達やいとこ、祖父母などの写真を印刷して、そこにひらがなを書く、オリジナルひらがな絵本を作ってみました。

一緒にお絵かきをしてもっと楽しくしていきたいなーと思っています。

STAY HOME, SAVE LIVES

Twitterでこんなツイートを見かけました。

めっちゃ楽しんでる!(こういう楽しみ方が嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが)私は、めっちゃ楽しませてもらいました。

「ライブツアーみたい。」っていうたった一言のツイートから、セットリストを作る人、フライヤーを作る人、グッズを作る人が現れて、みんな余った時間を楽しんでるなーって。

このツイートを見て私も、もっと息子と楽しもうって思いました。家でできることは、もっとたくさんある!

いつまでこの自粛生活が続くのかわかりませんが、1日でも早く平穏な生活に戻れることを祈りつつ、自粛生活の中でできる楽しみ方を探したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる