結局、年少さんで受講する通信教育は何が一番良かったのか振り返る【前編】(こどもチャレンジ、Z会、スマイルゼミ他)

年中さんになり、教材選びも一段落しつつあるので、年少さんの一年間の教材を振り返ってみたいと思います。

これから年少さんになる方の参考になれば幸いです。長くなりそうなので、2回に分けて投稿します〜!

どれもメリット・デメリットがあったかな〜
年少さんで受講した通信教材
  • こどもチャレンジ
  • Z会
  • まなびwith
  • 七田式プリントA
  • スマイルゼミ
目次

おすすめ通信教育1位は、○○!!

ずばり、スマイルゼミです!!!

これは、自分でも意外でした(*_*)2位に選んだZ会とすごく悩みましたが…最終的に、

出来るようになったことが多かったのはどちらか』で選びました。

こんなことが出来るようになりました!
スマイルゼミを受講してよかったこと
  • ひらがながスラスラ読めるようになった
  • 時計(○時)がわかるようになった
  • 英語に自信を持ち出した
  • 季節の行事をたくさん知れた
  • 毎日の学習習慣がついた!
  • いつの間にか色んなことを知っている(笑)

スマイルゼミは保育園から帰って「私:今日のミッションやって〜」「息子:は〜い」くらいのやりとりだけで、Z会のように横に座ってじっくりと取り組んでいるわけではありません。

正直、親としてはめちゃくちゃ楽です。それなのに、いつの間にか色んなことを覚えていて、驚かされます。

ただ、注意してほしいのですが、スマイルゼミは、年中コースから(年少の冬にスタート)しかありません

なので、年少さんではまだ少し難しいと感じるところもあります。

でも、年少さんでもひらがなに興味を持ち始めていたら、大丈夫だと思います。

年少さんでスマイルゼミを受講した感じなどはこちらの記事をご覧ください。

おすすめ通信教育2位は、Z会

お試しでこれだけ届く!

1位と悩みましたが、2位はZ会。

Z会は、秋頃に年少コースから年中コースに変更し、現在も続けています。今後も継続予定です。

一番ドリル色が強く、小学校にあがってからの学習に直結しそうな教材です。

年少コースは1ヶ月の量が1冊24ページで、ちょっと少なめです。また年少さんの難易度はそこまで高くないので、ワーク・プリント類を初めてするお子さんなら、習慣づけるのに良い分量だと思います。

年少さんの途中で年中コースに切り替えることも可能なので、量や難易度が合っていないと感じるようになったら変更されることをおすすめします!

3位以降(こどもチャレンジ、まなびwith、七田式プリントA)については、次回の投稿で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる