【年少】2020年5月をふりかえる[Z会・まなびwith]

Z会とまなびwithの5月号が無事、終わりましたー。(5/26現在こどもちゃれんじはおもちゃ以外手付かず。)

平日はほぼ毎日、七田式プリント(3枚)をしたあと、Z会・まなびwith・こどもちゃれんじのいずれかのワークを好きなだけやってます。

4・5月は保育園から登園自粛要請が出ていて、時間がたっぷりあったので出来ましたが、6月以降はどうなることやら。

こどもちゃれんじは来月号で一旦終了予定です。退会の電話をかけたら、6月号の付録は7月号とも連動していて…8月号はこんな付録で…1ヶ月単位での契約も可能ですよ?と言われ、少し揺らぎましたが、さすがに年少で通信教育3社はやり過ぎかと。笑

こどもちゃれんじはいつ終わるか分からないので、先に終わったまなびwithとZ会の5月号をさくっとご紹介いたします。

目次

まなびwith・Z会5月号

まなびwith
Z会

どちらの教材にも共通で出てきたのが、「ツバメ」

ちょうど家の近くでもツバメが飛び回っていて、YouTubeでツバメのえさやり&うんち10連発みたいな動画を一緒に見たところだったので、「あ、う○ちブリブリの鳥さんやな!」と食いつき◎。

まなびwithは今月号も、シールを貼ったりする作業系が多かったかな。

まなびwithとこどもちゃれんじのどちらにも「こいのぼり」の製作がありました。

こどもちゃれんじのこいのぼりは、ほぼ完成されている感じで、まなびwithの方が自由度が高く、子どもも楽しそうでした。

まなびwith
こどもちゃれんじ

Z会の方は、シール貼りもありますが、えんぴつ(クレヨン)で書くのも結構あります。よいバランスです。(1ヶ月分が4日程度で終わってしまうので、ページ数はもっとほしい。)

先月は理解できていなかった「まちがいさがし」ができるようになっていて、成長を感じることができました。

4,5月と受講してみて今のところZ会が一番お気に入りです(私の)。子どもは、こどもちゃれんじが好きなんだと思いますが、Z会もまなびwithも楽しそうに取り組んでいます。

今月読んだ絵本

Z会のぺあぜっとi(保護者向け情報誌)で、毎月10冊の絵本を紹介してくれています。なので、その10冊を目標に毎月絵本を読み聞かせようと頑張ってます。

4、5月は図書館が休館で絵本も借りられず…再開したら、駆け込みたいと思います。

今月は、宇多田ヒカルさんのインスタライブで紹介されていた「Love You Foreverラブ・ユー・フォーエバー」を読みました。泣きましたね。ぐっすん。

子どもは、ママなんで泣いてるの?と不思議そうに見てました。

Z会で紹介されていた絵本の中では「ぼくのはさみ」が良かったです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また来月お会いしましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる