【年少】2020年6月をふりかえる[Z会・まなびwith]

Z会とまなびwithの6月号が、終わりましたー。

今月から保育園も登園再開したので、ワーク類をする時間取れるかなー?と思っていたのですが、意外とすんなり終了。

自粛期間中にワークを平日は毎日するという習慣が子どもにも身についたようです。

では、Z会とまなびwithの6月号をさくっとご紹介いたします。

目次

Z会・まなびwith6月号

Z会
まなびwith

6月らしく、どちらの教材も「雨」や「あじさい」といった内容が多く含まれていました。

大人になってからは、あじさいが咲いていることに見向きもしていなかったのに、子どもに見せてあげたい!と思うようになると、近所であじさいが見られるところがあると嬉しくなってしまいます。

コロナの自粛も少しずつ緩和されたので、久しぶりのお出かけであじさいを見にいきました。

あじさいって色んな色があったんだな〜と、今さらになって気づきました。

さて、まなびwithは今月号も、シールを貼ったりする作業系が多く感じました。

工作は、歯ブラシとあじさい。あじさいはきれいに出来たのが嬉しかったようで、壁に貼りたい!と言って、セロハンテープで貼っていました。勝手に外すと怒るので、忘れた頃にこっそり外したいと思います。笑

来月からは、まなびwithを年少コースから年中コースに変更したので、その様子などをご紹介させていただきたいと思います。

Z会の方は、先月4日間で終わったのですが、今月は2日間で終わってしまいました。もっとページ数がほしい。

ぺあぜっとは新聞紙でゴルフクラブを作って、家の中でゴルフコンペを開催し楽しみました。ほかにも、「だれがどこでなにをするカード」など、雨の日に家でできる遊びが紹介されていたので、親子で楽しむことができました。

Z会も年中コースに変更しようか、悩んでいます。とりあえず、年中コースのおためし版を申込みました。

今月読んだ絵本

Z会のぺあぜっとi(保護者向け情報誌)で紹介されている絵本や、図書館で子どもが選んだ絵本を中心に読んでいます。

その中で、今月良かった絵本です。

あーん、して/スギヤマカナヨ

ハフハフ言ってるね、何を食べたんかなぁ?と子どもも一生懸命考えていました。

ヨシタケシンスケさんの絵本はどれも面白いのですが、息子が保育園から借りてきた「もうぬげない」も、脱げないあるあるで笑えました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また来月お会いしましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる