【年少】2020年7月をふりかえる[Z会・まなびwith]

新型コロナが再び絶賛感染拡大中で、予定していた7月の連休の予定がパーに…。

せめてお盆には帰省したいのですが、どうなることやら。

さて、今月号から、まなびwithを年中コースに変更しました!なので、年中コースに変えた感想Z会7月号についてをお伝えしたいと思います。

目次

Z会・まなびwith7月号

Z会(年少)
まなびwith(年中)

7月号はどちらも、夏の昆虫や七夕といった夏を身近に感じることができる内容が中心でした。

近所でセミの抜け殻を発見したので、羽化する様子をYouTubeで一緒に見ました。私、初めてみた気がします。いやー、いい時代になりましたね。スッと検索して、すぐに見せられるなんて。

Z会7月号

さて、Z会のワークは、今月は1日で終わらせてしまいました。途中で飽きそうな気もしますが、やりたい!というので、どんどん進めています。

Z会も年中コースに変更しようか悩んでいます。資料請求をしたので、お試しをしてから判断したいと思います。

まなびwith7月号

今月から年中コースに変更したまなびwithですが、年少コースとの違いをサクッとまとめてみました。

  • 料金は、年中コースのほうが200円くらい高い
  • 年中コースは年に2回(9月・1月)添削テストあり。
  • まなびブックのサイズ。年中コースのほうが大きい(A4)。
  • 年中コースには、保護者向け情報誌(おやこブック、おやこwith)がない。

毎月の保護者向け情報誌を結構楽しみにしているので、家の中を探し回りました。が、お届け内容を見てみると、情報誌について書かれていなかったので、保護者向け情報誌は年少コースだけのようです。残念。

メインの教材の「まなびブック」も、年少(6月号)と年中(7月号)で比較してみました。

年少コース

まなびwith(年少)
  • シール貼りが中心
  • ひらがなを「見つける」
  • 1~10のかずを「見つける」「かぞえる」

年中コース

まなびwith(年中)
  • えんぴつで書くものが増えた(それでもシールは多め)
  • ひらがなを「読む」「なぞる」
  • 1~10のかずを「かぞえる」「なぞる」
  • はんたいことば
  • しりとり

年少コースに少し物足りなさを感じていましたが、年中コースは知らないこともたくさんでてくるので、変えてよかったと感じています。

たとえば、「はんたいことば」は、ある程度もうわかるかなーと思い、「さむい」の反対は?と聞いても、わけのわからない答えが返ってきます。そこで、あ、反対ということがまだよく分かってないのか、と知ることができました。

スイスイ進めることも大事ですが、少しぶつかりながら、新しいことを吸収していけるとよいなーと思っています。ぶつかりすぎて、嫌にならないレベルを見極めるのがポイントですね。

今月読んだ絵本

今月読んだ絵本の中から、よかったものをご紹介させていただきます。

今月は「むしのもり」。今までに読んでいた絵本よりも文章が長くなってきましたが、夏の虫がたくさん出てきて夢中になっていました!年少〜年長さんの夏の絵本におすすめです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また、来月!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる