GoTo高知で激レアさんに出会う。

秋は戻りガツオの美味しい季節。
ZIP!でいただきマーティンが藁焼きのカツオを食べてるのを見て、食べたくなったのでいざ高知へ。

高知へ行くと、毎回食べるのが、カツオ餃子

ひろめ市場へ行くとカツオも餃子も同じ場所で食べられるのですが、土日のひろめ市場で席を取るのはなかなか至難の業。

ひろめ市場は、何名様ですか?こちらへどうぞ。というレストランスタイルではなく、イオンのフードコート的なスタイルです。

あそこの席空きそう!って言うのを目を光らせて探す必要があります。

土日なのでひろめ市場で食べるのは諦めて、それぞれのお店に行くことにしました。

目次

まずは帯屋町商店街にある明神丸帯屋町店さんへ。

お昼より少し早い時間でしたが、5組くらい並んでいました。(店内にも何組か待っていました)

そろそろ私たちもお店に入れる!というときに、激レアさんに遭遇!


遠くからパンダの被り物をかぶって、パンダを抱いてる人が歩いてくる!

ちょっと怖い!

子どもも、パンダの人に気付き、パンダや〜。と。

すると…パンダの被り物を被った方が、「こんにちは〜、はい、これどうぞ⭐︎」と、子どもに何かを渡してくれました。

「ありがとうございます」と言ったものの、ちょっと怖かった〜。

子どもの手にあったものが、こちら。

めっちゃ丁寧に折られた手裏剣!なんで?と思いながらも、目の前のカツオに夢中になりすっかり忘れていました。

カツオのたたきは塩で食べるのが好き。

家に帰って、そういえば…あのパンダの人は一体…と気になったので調べてみたら、

高知名物パンダおばさんといってテレビ(激レアさんを連れてきた。)にも出演されたことがある人だそう。高知を賑やかにするため、10年以上前からパンダを被って活動されていて、会うと幸せになれると高知で都市伝説になっている人なんだとか。

え、めっちゃラッキー!ちょっと怖いって思ってごめんなさい。笑

そんなパンダおばさんがこちら。

ね、知らなかったらちょっと怖いですよね。すみません。


その後は、高知城へ行ったり、公園へ行ってお腹を空かせた後、安兵衛さんへ。

高知城

夕飯は安兵衛さん。

安兵衛さんは、50年前に高知の繁華街から少し離れた場所で5,6席の屋台からスタートしたラーメンと餃子のお店。私も15年位前に何度か屋台へ行ったことがあります。

子どもが生まれてからは、ひろめ市場にできた店舗や南国市にある店舗を利用しています。東京にもお店があるので、高知は遠い、という方はぜひ東京のお店へ。

外はパリパリとした食感の一口サイズで、いくつでも食べられる餃子です。

お取り寄せもあります!お取り寄せ餃子で有名な「餃子の丸岡」さんはすでに包まれていて焼くだけですが、安兵衛の餃子はひとつひとつ、自分たちで包む必要があります。お友達や家族でわいわい包みながら餃子パーティーをするのもありですね!

今度頼んでみよう。

とりあえず、餃子の丸岡に勝つお取り寄せできる餃子を知りたい今日この頃です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪府出身。趣味は息子(3歳)の写真を撮ること。嫌がられるまでカメラを持って追いかける予定。

目次
閉じる